So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

避妊議論するための様々な方法

避妊方法には色々な物がありますが、女性が積極的に避妊する方法として人気があるのが経口避妊薬(ピル)の服用です。経口避妊薬(ピル)はひにんを目的とした錠剤で、2種類の女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の働きでピルを服用中は排卵がおこらない状態となり妊娠を防ぐ事ができます。また経口避妊薬には受精卵の着床を防いだり、子宮内に精子が入りにくくする働きもあります。経口避妊薬は有効な避妊方法の1つで、正しく服用すれば効果は避妊手術に匹敵すると言われています。もちろん100%という訳にはいきませんが、指示通り飲み忘れがなければ妊娠の確率は0.3%(1000人の女性が一年間飲み続けた場合3人が妊娠)ですが、飲み忘れなどを含めた一般的な服用における
妊娠率は8%と推定されているそうです。
ただ経口避妊薬は、望まない妊娠を防ぐ薬でありエイズなどの性感染症を防ぐ事は出来ません。なので一番望ましい避妊方法としては、経口避妊薬とコンドームを併用するのがベストだと思います。経口避妊薬の一般的なリスクとしては、飲みなれる1~2ヶ月間は吐き気や頭痛などの軽い不快感を感じる人がいるようです。が、通常は飲み続けるうちに治まってくるので心配はいりません。経口避妊薬は医師の処方を必要とするので、産婦人科やレディースクリニックなどを受診し適切な指示、アドバイスを受けた上で経口避妊薬を服用するようにしましょう。また経口避妊薬を服用している人は問診や検診を定期的に受ける事を薦められているのでキチンと受診しましょう。

計画的な家族計画や望まない妊娠を避けるためには避妊はとても重要です。最近では10代の若者の妊娠・中絶率などが上がってきていて社会問題にもなっています。正しい避妊方法を身につけ、責任の取れる行動をするようにしましょう。避妊方法として現代では一番ポピュラーになっているのがコンドーム。正しく使用すれば高い避妊率を期待できますが、コンドームの短所は男性任せになりがちという事。そこで最近では女性が自分で出来る避妊方法として経口避妊薬(ピル)なども注目を集めています。経口避妊薬は避妊効果としている錠剤で、この薬に含まれている2種類の女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の働きで、経口避妊薬を服用中は排卵がおこらない状態になり妊娠を防ぐ事が出来ます。また受精卵の着床を妨げたり子宮内に精子が入りにくくする働きもあるんです。他にも女性が出来る避妊方法としてIUDやベッサリー、殺精子剤などもありますが、子宮内に器具の挿入が必要だったり、避妊効果が他の物と比べて低い物などがあったりするので手軽で避妊効果が高い経口避妊薬が人気なのだと思います。
経口避妊薬は飲み忘れがなければ、妊娠する確率は0,3%ほどであると言われています。また生理痛がひどい人や、月経周期が異常な人などにも治療目的で服用をすすめられることもあるようです。ただこの経口避妊薬はエイズなどの性感染症を防ぐ事は出来ません。
性感染症の予防にはコンドームが最適ですので、この2つを組み合わせた避妊方法を実行する事をお勧めします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。